練習の記録〜歌本100曲編5/100〜

こんにちは、瀬戸和晃です。

歌本でよく見る曲を100曲弾く、という目標でスタートした練習。
9月でスタートしてから5曲弾いてみたところで、気づいたことをさらっと書いていこうと思います。
どの曲を練習しようか、選ぶのに迷っている方に役立ててもらえたら嬉しいです。

・1曲目 「1/6の夢旅人」樋口了一
私の大好きな番組、水曜どうでしょうの主題歌です。
コードは早いペースで変わり、バレーコード(左手人差し指で5、6本の弦を押さえるコード)も出てきますし、右手のストロークも中々複雑でした。
ギターを始めて1曲目で挑戦するには、少し高いかもしれませんね。

・2曲目「夜空ノムコウ」SMAP
コードはちらほらとオンコードが入っていて、コード表だけだとわからない場合があります。ただテンポはゆっくりで、そこまで難しくありません。
ウクレレの場合は特に弾きやすいFのキーなのでおすすめです。


・3曲目「夢の外へ」星野源
速いテンポ、1拍ごとのコードチェンジ、独特なコード。そしてトドメに裏拍にアクセントがくるストロークのパターンと、とにかく難しい!
楽器に慣れていない人は無理に原曲にこだわらず、コードやストロークのパターンを簡略化して、曲の雰囲気を味わうくらいがちょうどいいと思います。
ただ、弾けるようになったらすっごく気持ちいい!何回も弾きたくなる曲です。

・4曲目「全力少年」スキマスイッチ
スキマスイッチの代表曲で、爽やかな雰囲気が素敵なこの曲。
やはりテンポは速めで、初心者の方には少し忙しいかなという印象でした。Fコードの形の押さえ方も出てくるので、1曲目には難しいかもしれません。
ギターを始めて1曲2曲と弾けるようになったら、ぜひ挑戦してみてください。

・5曲目「桜坂」
ゆっくりなテンポと基本的なコードで、弾きやすい曲だと思います。アルペジオは慣れるまで難しいですが、普通にストロークをしても十分雰囲気が出ます。
弾き語りをしたい方にもオススメですね。

まずは5曲でした。この調子で3月まで、先は長いですががんばります。

お読みいただきありがとうございます。
記録は、練習を面白くする。

コメント

このブログの人気の投稿

楽器を丁寧に扱うこと

ギターとウクレレの魅力:始めてすぐ楽しい!

夜明け前の商店街にて