スキップしてメイン コンテンツに移動

万年筆で、自分の字が好きになる

少し前の話になりますが、30歳になりました。
誕生日の前に妻から、記念になにが欲しいか聞かれて、しばらく悩んだ末に万年筆をお願いすることにしました。

理由は、30歳という節目に、形に残るものがいいなということ、2018年の初めから紙の手帳をつけ始めたこと。そして「ほぼ日」の万年筆の特集を読んで、ピンときました。
今まで全く使ってこなかった万年筆に興味がわいて、ボールペンと何がどう違うのか、試してみたいと思ったんです。

文房具好きの妻に誘われるまま、銀座は伊東屋さんへ。万年筆の置いてあるフロアには、立派で綺麗な万年筆が整然と並んでいました。私の買い物はかなり速い方だと自覚していますが、この日もひと通り眺めた後、すんなりとパイロットのノック式万年筆を選びました。

「ほぼ日」で勧められていたのもありますし、かしこまらずに使える適度な価格帯、試しに持ってみてしっくり来たこと、そしてシンプルなデザインだったのが気に入りました。
名入れは断ろうとしたのですが、妻の勧めで入れてもらうことにしました。今ではより愛着がわくような気がして、名入れしてもらってよかったと思っています。

その日万年筆を持って帰ってインクをセットし、早速日記に書き込んでみると、あまりインクが出ません。こんなものかな?と使っていたら、1日2日と書いている内に、少しずつインクが出るようになりました。普段使う人には当たり前のことだと思いますが、やっぱり初めてというのは面白いものですね。

書いている内に、線の色に濃淡があって、絵を描いているような気分になりました。インクが乾くと少し色が薄くなって、綺麗に見えるのも面白いです。
そんな風に面白がって書いていると、以前よりずっと丁寧に字を書いていることに気がつきました。ボールペンで書いていたページは走り書きになったり、言葉もおざなりになっていた部分が多かったんですが、日記を書く時間自体ゆっくり取るようになったんです。

太さに合わせて字の大きさもある程度揃うこともあり、字を書いたページそのものが綺麗にみえるので、自分の書いた日記を読み返すときも楽しいです。上手くはないですが、自分の字もこれでなかなか悪くないな、と思えるようになりました。

道具に合わせて生活が少し変化するというのは、なんとも面白くて、嬉しいことだなあと思います。
こんなにモノに愛着がわいたのは、しばらく前に買ったギター以来かもしれません。大事に使います、ありがとうね。

お読みいただきありがとうございます。
昨日の晩に、初めてインクが切れました。

コメント

このブログの人気の投稿

楽器を丁寧に扱うこと

生まれて初めて、日記を一年つけることができました。私はもともと飽きっぽくて、大好きなゲームでも、それほど気持ちが続くことは少ないんです。
ああ良かったなあ、くらいの感覚で、年明けからも日記を書いていました。

そんなときにライターの古賀史健さんのこの記事を読んで、やけに納得しました。
https://note.mu/fumiken/n/n008614a79270

古賀さんは継続のコツとして、こう書いています。
「雑に扱ったそれは、かならず飽きる。丁寧に扱ったそれは、かならず育つ。」
私に置きかえれば、ほぼ日手帳と、それに書きつけるパイロットの万年筆、そして丁寧に書いてきたという実感があって、日記が続いたんだと思ったんです。

そして同時に思いました。楽器も、同じなんじゃないでしょうか?
私が高校・大学を卒業してもギターを続けていたのは、それまで丁寧に時間をかけて練習していたからこそ、向き合った時間があったからこそだと思います。もし私が腕を怪我して、一生ギターを弾けないとしたら、大変な喪失感を味わうでしょう。なんとか弾ける方法はないかと、食い下がるかもしれません。
気持ちを傾けてきた時間が長いほど、自分にとって大事なものになるのだと思います。

今まで私が初心者の方にギターを教えるとき、とにかく部屋のすぐ取れる位置にギターを置いてください、と伝えてきました。手に取る回数こそが練習する習慣につながり、引いては状態につながると思っていたんです。
でも今度から、手に取るだけでなく、「クロスで軽く拭く」ということを勧めたいなと思います。

ギターをケースから出しておけば、当然細かい埃がつきます。それを毎日、5秒でもいいからひと拭きしてあげれば、その「丁寧に扱った」という実感が、ギターへの愛着を生む。愛着がわいたら、あとは誰に言われなくとも、なんだか放っておけない気持ちになって、ギターに向き合う時間ができていくでしょう。基礎的で面倒なことも、練習したり、勉強したりする気になるかもしれません。そうした時間の積み重ねで、楽器は、なくてはならない生活の一部として育っていくんじゃないでしょうか。

頑張ってモチベーションを上げて練習を…なんて意気込むよりも、毎日ひと拭き。
私も今日から試してみようと思います。ご一緒に、いかがですか?

お読みいただきありがとうございます。
愛妻家というのも、妻に丁寧…

ギターとウクレレの魅力:始めてすぐ楽しい!

こんにちは、瀬戸和晃です。

今回からしばらく、ひと続きの記事を書いていきます。テーマは、
趣味のひとつとして、また楽器のひとつとして

ギターとウクレレがどんなに魅力的か、ということです。
大きく出ましたね。笑
まず一番にお伝えしたいこと。それは、

始めてすぐ、楽しく弾けるようになる!
ということです。

スポーツでも習い事でも、皆さんが新しく何か始めたとき最初に「楽しい」と感じるのは、自分で「ちょっとできるようになってきたな」と思えたときではないでしょうか。
ギターやウクレレは、その「ちょっとできる」をすぐに感じることができるんです。

よく「押さえ方を覚えなきゃ」とか、「指が器用に動かないと弾けない」という声を聞きます。私も自分でギターを始める前はそんなイメージでした。

でも、そんなことはありません。

もちろん、最初からあれこれと覚えようとすると大変です。
しかし内容をシンプルにして、要素を絞っていけば、初めて触ってから1時間で十分楽しめるものです。
あなたの好きなあの曲も、実はあっさり弾けてしまうかも!

ちょっと信じられないという方もいるかと思いますが、ギターもウクレレもとにかく伴奏が得意な楽器。極端な話、左手の人差し指1本で弦を押さえて弾くだけでも、曲の雰囲気を味わうことができるんです。

これは中々他の楽器には真似できませんし、スポーツや他の趣味と比べても、とてもお手軽ですよね。

お読みいただきありがとうございます。
何事も最初が難しくって、でもワクワクしますよね。

大好きなゲームに負けないくらい

ゲームのすごさを、改めて実感しています。
去年の10月から、ふとしたきっかけで妻とドラクエ10を始めました。しっかりとしたオンラインゲームをやるのは2人ともほぼ初めてでしたが、すっかりハマってしまったんです。

ドラクエ10では、複雑だけれどおもしろい要素を、少しずつ抵抗なく理解できるように、いろんな工夫がされています。だから忙しいと思っていてもついつい始めてしまうし、中々やめられないほど夢中になれるんです。
たくさんの人が長い年月関わって作り上げてきた熱意とこだわりは、遊んでいる側にもはっきりと伝わってきて、だからこそ嬉しくなるし、愛着がわくんですよね。

天下の名作を前置きにするのもおこがましいのですが…これからギター教室を始める私は、お客さんの前に「ドラクエ10で遊ぶこと」と「ギター教室に行くこと」を並べて、ギター教室を選んでもらう覚悟でやらなきゃいけないんだ、と思います。。
お客さんからしたらどちらも遊びの選択肢のひとつで、全く公平。どちらを選ぶも自由なんですから。

だれしも楽器を初めて買ったとき、ひとりで始めようとすれば、自分で楽しみ方を見つけなければいけません。
何をすればいいか、ヒントをくれる村人はいませんし、どのくらいレベルが上がったかもわかりません。難しい曲を弾けるようになっても、華々しいファンファーレも鳴らないし、王様からご褒美があるわけでもないんですよね。

楽器を手に入れても、「面白い」と感じられるところまでたどり着ける保証はないわけです。そして、それを助けるのが自分の教室なんじゃないかと、ゲームをしながら考えていました。

比べるのはおかしいですし、私はどちらも大好きですが、楽器本来の魅力は、決してゲームに見劣りするものではないと思っています。
ゲームには(ある意味で)必ず終わりがありますが、音楽の世界に終わりはなくて、無限にドラマチックなストーリーがあり、レベルは上がり続けます。
一生終わりがこないもの、人ひとりが死ぬまで続けられるものというのは、本当に貴重だと思います。

楽器を続けることは、すごく素敵なことだと思うからこそ、夢中になって楽しんでもらえるよう、サポートしていきたいんです。
自分が大好きなゲームを作った人たちに負けないくらい、楽器を選んだ人を楽しませよう。そのために、たくさん考えます。

お読みいただきありがとうございます。
ゲーム…