夜明け前の商店街にて

先日、あるシステムのメンテナンスの仕事で、深夜1時過ぎまで作業していました。
私は家から職場まで片道1時間半の道のりなので、タクシーだけで帰ることは金額的にできず、その日は朝までファミレスで時間を潰すことになりました。

24時間営業のファミレスには、徹夜でレポートを書いているらしい学生が何人かいて、なんだかほっとした気持ちになりました。

座席では眠ろうにも眠れず、夜明け前の朝5時。始発に乗るため、寒さに震えながらとぼとぼと商店街を歩いていると、見慣れない電気工事の車両が何台も止まっています。電柱のメンテナンスでしょうか、作業をする人や交通整理をする人、10人以上が黙々と仕事をしていました。

それを見たとき、はっとしました。ああ、この時間からこの寒さの中、仕事をしている人がいる。自分がひどい目にあっていると心の中で愚痴を言っていたけれど、そういえば作業をしている部屋には暖房が入っていたんじゃないか?
つい自分の辛さだけに目がいってしまうけど、誰でもそれぞれ辛い部分をこらえて、折合いをつけて生活しているという「普通」を思い出したんです。
沈んでいく気持ちを、平らなところにすくい上げてもらったようでした。

公務員と言えば、安定して楽な仕事、というイメージを持っている人も多いと思います。
実際のところは他の仕事と同じように、仕事で病気になる人もいて、そうのんびりしたことも言っていられないんですが…ある程度恵まれた環境であることだけは、忘れちゃいけない。少なくとも、自分が一番かわいそうだと思うような、いじけたやつにはなりたくないものです。

公務員という働き方を選んで、無事に働けている。だけどそれでも、ギターとウクレレの教室を開くんだということ。
状況のせいではなく、自分で選んで、決めるんだということ。

教室を始めてうまくいかない場面は、今想像するよりはるかに重く、色々なところで出てくるのでしょう。そういうときこそ、夜明け前の商店街で感じた気持ちを思い出したい。
そんなふうに思っています。

お読みいただきありがとうございました。
疲れたら何も考えずに寝る。それができたら、いいのにねえ。

コメント

このブログの人気の投稿

ギターとウクレレの魅力:始めてすぐ楽しい!

楽器を丁寧に扱うこと