歌詞について

大学生の頃からでしょうか。普段なんとなく音楽をかけるとき、日本語の歌詞の曲より英語の歌詞の曲を選ぶ習慣があります。
英語が好きとか得意とか、そういうわけでもないんです。何語でもいいので、日本語じゃない方が聞きやすい、という感覚があるんですね。

どうしてなのか考えてみたんですが、私には日本語の曲は情報量が多すぎるみたいです。

曲の中には、いろんな情報というか、意識を向けるポイントがあります。
どんなリズムの取り方なのか?
どんな声で、どんなメロディで歌っているのか?
ギターは何をしている?ベースは、キーボードは?それぞれどんな音作りで、いくつ重ねていて…

そんな風に聞いていると、日本語の歌詞が飛び込んできても、なかなか頭に入りません。
ふと歌詞につられて意識を向けると、言葉から連想していろんな場面や、他の本や映画が浮かんだりして…気づいた頃には1コーラス終わっていた、なんてこともあります。

集中して何度も聞かないと、日本語の歌詞はうまく飲み込めないわけです。さらに自分がその曲の歌詞を好きになれるかというとまた難しいので、だいたいの曲は音ばかり聞くことになります。

曲が好きになったら改めて歌詞を調べることもありますが、ああそういう曲なんだなと、後でわかるのもまた楽しくて。
音楽の楽しみ方は人それぞれですが、私はそんな風に聞いています。

お読みいただきありがとうございました。
歌詞ばかり気になる日が私にも、いつか来るんでしょうね。

コメント

このブログの人気の投稿

楽器を丁寧に扱うこと

ギターとウクレレの魅力:始めてすぐ楽しい!

夜明け前の商店街にて