投稿

6月, 2019の投稿を表示しています

もっと早く会えればよかった

仕事の帰り道、前にいた部署の後輩から声をかけられた。道すがら話していると、ちょうど人からギターを譲られ、これから始めるところだという。それはぜひ一度スタジオへ行こうと誘い、ギターを教えることになった。

1時間のレッスンは盛り上がった。初めて弾くギターを随分気に入ったようで、しきりに「これは面白い」「早くまた弾きたい」とこぼしていた。
彼は大学生時代に保育系の学科に通っていて、授業でピアノかギターのどちらかを選択することになったそうだ。そのときは、ピアノの方が圧倒的に先生も多いし、保育園にギターはないから買わないといけないぞと言われ、後ろ髪を引かれつつピアノを選択したらしい。その後も中々手が出せずにいて、今回ついにギターを弾き始めたのだ。
その話をした後、彼は「瀬戸さんにもっと早く会えていればよかった」と言ってくれた。

聞いた瞬間は、なんだかそわそわと、恥ずかしいような気持ちになった。もっと早く会いたかった、と言われたのは、記憶する限り初めてである。あまりにさらりと言うので、恥ずかしがるのもおかしいと思い、ありがとう、とだけ言った。
帰って風呂に入っている辺りから、なんだか無性に嬉しくなって、こうしてブログを書いている。

こんなカッコいいセリフを言うこの後輩、思えば実際にカッコいいのだ。イケメンで高身長、がっしりとした身体つきだが物腰は丁寧で爽やか。一読するとそんなやついるのかと私も思うが、いるのだから仕方ない。
その上こんなセリフを言うのだから、どう考えてもモテるに決まっている。これで彼女がいないなどと言ったら、実はとんでもない変態だとか、何か致命的な欠陥があると疑われてしまうに違いない。イケメンも大変である。つくづく、カッコよく生まれなくてよかった。
負け犬の遠吠えだと思う人もいるだろうが、誤解しないでほしい、私はどちらかと言えば猫派だ。このくだりは蛇足だ。

ともかく、私が感じた嬉しさは、後輩がカッコいいこととは関係がない。その言葉が、最大の賛辞だと感じたからだ。「もっと早く会いたかった」とは、もっと早い時期からあなたがいてくれれば、私の人生はもっと豊かだったでしょう、という意味だ。
「ギターを教えることで、その人の生活が少し楽しくなり、人生が豊かになる」というのは、私がギターを教える目的であり、この言葉は、私の試みがその目的地にいくらか届いたことを表していると…